昔の恋愛観と今の恋愛観

恋愛観って、その時々で色々と変わる物だとは思うんだけど、色々な経験があって人は成長する!っていうのは本当にそうだなぁ?って思う。10代の頃の恋愛は今振り返るとなんだか遊びの延長のような感じだったと思う。もちろんその時は一生懸命だったし好きな人と話せたーとか友達とワーキャー言いながら盛り上がってた。多分、あれが俗に言う恋に恋した!ってやつ。好きな人がいる自分に酔いしれてんだろうな?って今思うと中々恥ずかしい事がたくさんある。周りに彼氏持ちがいるから、自分も無理して作ろうとしたり彼氏とのお揃いの待ち受け?って自慢したり。それはそれで楽しかったのかもしれない。だけど年齢を重ねて色んな経験を積んでいくと、好きー!だけでは突っ走れなくなる時もあるし相手の言ってる事を素直に受け入れられなくて、それがまたジレンマになってしまったりとか…。大人になればなるほど経験を積めるのかもしれない。だけど素直にという気持ちが薄れてきてしまっているのもまた事実かもしれない

コメントを残す