人見知りで、とりあえずメールから出会いたい人向け婚活

私と主人の出会いは婚活サイトです。二人が出会ったのは今から3年前の私が39歳、主人が38歳の時です。

当時の私は実家暮らしで幼稚園の教諭という女性しかいない職場で忙しく働いていました。責任のある仕事でやりがいはあるものの、結婚はまだいいか、もう自分は結婚できないかもしれないな、と思い、趣味の習い事はしていたものの、婚活をしようという気は全くありませんでした。

人づきあいが苦手で、内向的で自分に自信がなく、仲良くなるまでに時間がかかる、じっくりゆっくりタイプです。彼氏がいないどころか、付き合ったことさえありませんでした。

趣味を通じて仲良くなった男性はいたのですが、ちょうどそのころ、父が癌を患い他界してしまったのです。寂しくて寂しくて毎日泣きました。母と二人暮らしになったわけですが、その頃から家に男性がいない不安や寂しさを感じ結婚を意識するようになりました。好きだった男性にふられはしたものの、恋愛の楽しさを経験した私は婚活をしてみようという気になりました。

婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーなどがありますが、人見知りな私ができそうなのは、とりあえずメールでやり取りをする婚活サイトを選びました。

無料の出会いサイトはH目的だったり、ストーカー被害にあったりするので、保育士 出会いが期待できるのはもちろん、メールアドレスがわからない、サイト独自のメアドでやりとりができる料金が発生する安全なサイトをピックアップしました。(安全なサイトが書いてある婚活ブログを読んで安全なところしか登録をしませんでした。)

とりあえず4サイトに登録をしました。写真も載せ、たくさんお誘いのメールが来ましたが、写真がないのはパス、自分の言葉ではなく定型文で誘ってきた人はパス、県外の人はパス、タバコ吸う人はパス、など選んでいきメールのやり取りを通じて仲良くなった男性もいましたが、趣味が合わなかったり、会話が発展しなかったりしました。

結婚相談所が運営している結婚サイトは18歳以上であるという証明(運転免許証や健康保険証など)を提出しているかどうかもプロフィールに出るのですが、それを知らなくて登録して2か月が経ってから提出しました。登録をした途端にメールのお誘いが来たのが主人です。写真から安心できそうな人だと思いました。お誘いメールの文章からも人柄が感じられて、やり取りをすることにしました。メールでの相性も良く、ウキウキした気持ちになりました。毎日やり取りをするようになって、実際に会うことになりました。

後でわかりましたが、そこの婚活サイトは、男性は有料、女性は無料だったのですが、マッチング成立時に支払う代金を男性が払うように主人はしてくれていました。(プロフィール画面に書いてありましたので、プロフィール画面は隅から隅までよく見てくださいね。)

初めて会う人とは家に迎えに来てもらわずに、公共の乗り物で行くように婚活サイトの注意として書いてありましたので、喫茶店で待ち合わせをして迎えに来たりもらったり送ってもらわないようにしました。

2時間位、お茶を飲んだりケーキを食べたりしながら話をして、とても優しくて真面目な人だとわかりました。別れる前に名刺を渡してくれ、裏に婚活サイト専用のメアドではなく、リアルのメアドが書いてあり、「良かったら付き合ってください。」と言われました。名刺を渡してくれたことは職場のことや立場もわかり、母にとっても安全材料になりました。

その日からのメールは婚活サイト経由ではなく、直接メールをしながら、デートをしていき、お互いの健康の悩みなども打ち明け、初めて喫茶店で出会ってから3か月でプロポーズをされ、快く受けました。私の仕事の関係で1年後に退職後してから結婚しました。

もう一人、そのサイトで知り合ってから実際に会った男性もいましたが、優しい人でしたが、声が小さすぎて男らしさが感じられずにお断りしました。

今から思うと、欲を出してもっと良い人を、と探していたら40代になり、多分結婚できなかったと思います。結婚してもいいかな、と思う人であったら欲を出さない方がいいみたいです。結局結婚したい人が現れずにおひとり様になってしまったという体験談も聞きました。

結婚してから、こんな人だったの、と思うこともありましたが、お互いに話をしながら助け合いながら結婚3年目を迎えました。今は主人と結婚できて良かったと思っています。縁があったのだと思います。

結婚できないと思っていた私が自然の流れで結婚できたのは婚活サイトのおかげです。人づきあいが苦手で出会いがない人もあきらめないでくださいね。

そして、選ぶ時は、自分の文章で丁寧に誘ってくる人を選んでください。あなたと付き合いたいのにプロフィールに写真も載せていない人とはメールをしてはいけません。自分を大切にしてくれる人を選び、まずはメールで人柄をじっくり観察してから選ぶようにしてくださいね。

昔の恋愛観と今の恋愛観

恋愛観って、その時々で色々と変わる物だとは思うんだけど、色々な経験があって人は成長する!っていうのは本当にそうだなぁ?って思う。10代の頃の恋愛は今振り返るとなんだか遊びの延長のような感じだったと思う。もちろんその時は一生懸命だったし好きな人と話せたーとか友達とワーキャー言いながら盛り上がってた。多分、あれが俗に言う恋に恋した!ってやつ。好きな人がいる自分に酔いしれてんだろうな?って今思うと中々恥ずかしい事がたくさんある。周りに彼氏持ちがいるから、自分も無理して作ろうとしたり彼氏とのお揃いの待ち受け?って自慢したり。それはそれで楽しかったのかもしれない。だけど年齢を重ねて色んな経験を積んでいくと、好きー!だけでは突っ走れなくなる時もあるし相手の言ってる事を素直に受け入れられなくて、それがまたジレンマになってしまったりとか…。大人になればなるほど経験を積めるのかもしれない。だけど素直にという気持ちが薄れてきてしまっているのもまた事実かもしれない

子供が寝ている寝顔を見て思う事

子供の寝顔を見るとホッとするしジーっと見ておきたい気持ちが最近痛いほどよく分かる。まだ子供がいなかった時は、そういう話を聞いてもいまいちピン!ときてなくて、いやいや子供はあの片言に喋るの可愛いし笑ってるのも可愛いし、なんで寝顔?って思ってた。だけど自分が親になって可愛いだけじゃなく毎日大変でヘトヘトになりながら家事に育児にしていると、寝た時ホッとするし、寝顔を見ているとなんだか穏やかな気持ちになれる。そして、さっきあんなに怒ってごめんね。とか反省の時間にもなってくるから不思議。そこで一体自分をリセットして、よし!また頑張るか!と気合いを入れているような気持ちになる。騒がしくてワガママで思い通りにならないと泣いて眠くなったら泣いて。大変だぁ?!早く大きくなれ?!とかあまりにも疲れちゃうと思う時もある。だけど、いつかは親元を離れる時が来るんだし、日々成長していって自立してくる。だからこそ、今一緒に居れる時を大切にたくさんの想い出を作っていきたい。…と寝ている時に思う私でした。

猟師という生き方

生きるために命を奪う。猟師という生き方は凄いと思う。命を奪い、その肉を捌く。自分の手ですべてを行うのは生半可なことではできない。ふらふらと軸がぶれる自分には、憧れを覚えつつも手を伸ばせない強さを感じる。命への畏怖。ありのままを受け止めている姿は、凛として軽々しく声をかけることもできない。きっと迷いがないわけではないのだろう。ただ、考えることを止めない。自分の意志で生きる方法を掴んでいる。自然の中に生き、自然を受け止めている。そんな風になりたいと思う。猟師になる意志も覚悟もないけれど、その心持ちに近づきたい。人間もひとつの動物。世界の中のたった1ピースに過ぎない。まるで人間が世界の王者で、何もかも人間の意志で変えることができるかのような思い違いはしたくない。ただこの自然の中に生まれついた1ピースでしかない。傲ることなく、そのままの生き方で、自然と共に生きていけたらと願う。少しでも自然と寄り添っていけるように、今自分にできることを探りながら、ありのままを受け止めていける自分になりたいと思う。

楽々な靴下で冷えとり。

いつからだろう。手足の冷えはどうしようもなくなっている。寒がりで、でも暑がりで、体温調節がうまくできない。人に聞かれたら「私は変温動物だから」と答えるのが常になっていた。ネックウォーマーやレッグウォーマーは必須。着脱できることが大事。すぐ火照ってしまうから、着込むと逆につらい。冷えとりの本を読んだりしていろいろ試している。5本指ソックスの重ね履きもそのひとつ。シルクと綿の靴下を交互に重ねて履くのです。4足セットで売っていたりして試しやすい。ただ少し窮屈な感じがして、なかなか毎日は履き続けられない。休みの日だけでもと思っている。最近見つけたのが裏地がシルク、表が綿と、一足で二足分の役割も持った靴下。これは楽チン!と嬉々として買い求めた。とっても楽。何枚も重ねて履かなくてもいいし、何よりちゃんと温かい。厚みがある分、履ける靴を選んでしまうのがネックだけど、この温かさ楽さには敵わない。これで冷え性はすっきり解消!…とはいかないけれど、しばらく続けてみたいと思う。

悩み

立ち止まって気づくこと

4月から仕事の担当が変わった。今までの担当と継続して兼任という形になった。ずっとひとつの担当を続けてきて、先輩に追いつきたくて、やっと形になってきたところだったのに。急に私は要らないと言われたようで悲しくなった。兼任だから完全に離れるわけではないけれど、中心にはいない、そんな物悲しさがつきまとっている。いろんな担当を任されるのは成長の印ではあるのだろう。だが、新人たちが増え、とりあえず回された感じがして落ち着かない。何を期待されているのかわからない。頑張ろうと思っても、方向性が見えず空回りしてしまう。案の定、ひとつきもしないうちに体を壊した。我ながら笑えてしまう。でも、ただ体を癒すことに専念できて良かったと思う。それ以外の何も考えなくて済んだし、心の休め方も思い出した。そんな風に思うってことは、気持ちも行き詰まってたってことだ。出来るだけのことはしたいし、誰かの役に立ちたい、もっと成長したいと思う。でも出来ることは限られている。ただがむしゃらに突き進むのではなく、ひとつずつ踏みしめて進みたい。

10カ月と4日

息子がとうとう10カ月を過ぎました。子育てをし始めて10カ月。
お母さん業もだいぶ板についてきたような気がします笑。最近ははいはいも上達し、つかまり立ちもできるようになり、ますます目が離せません…。どうして赤ちゃんて、行ってほしくないところに行ってしまったり、触ってほしくないものに触ってしまったりするのでしょうね。なんにでも興味があるということなんだろうけれど
息子にとっては家の中のあらゆるものが、不思議でたまらないのでしょうね。お母さんの持っているものはなんだろう。お父さんは何を見ているのだろう。わかってはいても、やっぱりやってほしくないことをされるとちょっと困ってしまいます(・・;;)
いろんなものに触れながら、大人になっていくんですね。この10カ月、過ぎてしまったらあっという間でしたが、その瞬間瞬間はいっぱいいっぱいで、自分もよく頑張ったなぁと思います。自画自賛ですが笑。息子を育てることで、この10カ月の間に私もだいぶ成長できたと思います。子育ては親が子どもを育てているだけではなく、親が子どもに育てられるってどこかで読んだけれど、本当にそうだと思います。まだまだこれから先が長いけれど、気合いを入れて頑張っていきたいと思います(`・ω・´)。

地元のパン屋さん

新しい街に引っ越して来て2ヶ月経ちました。子供との散歩を日課にしているのですが、今日は天気も良く気持ちの良い日だったのでちょっと長めにいつもと違ったルートを散歩しました。そして、おしゃれなカフェ風のパン屋さんを発見しました。家から5分ほどの距離で、隣の居酒屋さんには行ったことがあったのですが、夜だったのでパン屋さんはやっていなかったからか存在事態全く気が付きませんでした。雰囲気から美味しいに違いないと、直感を信じてそのままお店に入りました。広くはないのですが、たくさんの種類のパンがあって、パンの名前とオススメポイントが手書きで1つ1つに書いてあり、選ぶのが楽しくもありけっこう迷ってしまいました。帰ってからのおやつにキャラメルとクリームを使ったパンを1つと次の日の朝用の惣菜パンとカレーパンを購入しました。帰ってからおやつに買ったパンを食べましたが、とっても美味しかったです。明日の朝、残りのパンを食べるのが楽しみです。引っ越して来てあまり街のことを知らないのもあり、新しいお店を発見できて、散歩の楽しみを感じた1日でした。

発見